« コンパニオンを釣ったら | トップページ | 外房のヤリイカ(04年4月10日) »

2004.04.04

東京湾のエビスズキ(4月4日)

天気予報では一日中雨、しかも気温が低い。それでも気持ちは釣りに向いてしまう。寒いのも冷たいのもお構いなしの釣り馬鹿だ。

4月4日にもう一人の釣り大好き人間S名人と東京湾でスズキを狙った。名人は神戸の人で、関東でスズキを釣った経験がないという。それではぜひトライしようということになり、富津港の鹿島丸に乗船することにした。出船5時、集合が4時半なので3時に鎌ヶ谷の自宅を出たが、富津港についたのが集合時間ぎりぎりだった。そのためすでに座席を選ぶ余地はなく、指定された右舷ミヨシに名人と並ぶことになった。

最初のポイントには港を出て20分ほどで到着した。エサの海エビを針に刺して仕掛けを降ろす。仕掛けはもちろん自作だが、初めてのスズキ仕掛けなので出来は良くないと思う。タナは9mジャスト。富津のエビスズキではタナがほとんど9mで通すことが事前にわかっていたので、前もって幹糸に目印を付けておいた。その目印が海面すれすれにくるようにしてアタリを待つと、早くもコツンというアタリがきた。そのまま食い込みを待っていると、第二第三のアタリがきて竿がグイッと引き込まれた。

間髪入れずにアワセると細いさくらのメバル竿が大きな弧を描いた。乗った、してやったりと心で叫びながらリーリング。ハリスが4.5mと長いため手でたぐり寄せ、船頭さんが差し出すタモに収まった。50cm弱だが船中一号のスズキ(フッコ)だった。この一尾を皮切りに船上のあちらこちらでスズキが取り込まれた。時合いは約一時間ほどだったが、その間に名人も見事なスズキを手にすることができた。

suzuki.JPG


最初のポイントでのアタリが遠のいたため、船は第二海堡にポイントを移した。ここでも60cmクラスを一尾追加することができた。スズキは海面近くまで上げられると、猛烈な力で抵抗する。二尾目のスズキを手前に引き寄せようとすると、船の下に突っ込んできた。竿の弾力でかわすことができたが、フィニッシュで油断してバラすことがよくあるらしい。ぜひオーバー70cmクラスの引きを味わってみたいものだ。

この日の時合いは朝の一時間だけだったようで、第二海堡でも船中で数本しかあがらなかった。私も最後まで粘ったものの二尾という結果に終わった。しかし、スズキの小さな前アタリから食い込みまでの「静」と、針がかりしてからの「動」が瞬時に切り替わるドラマ性に魅力を感じた。また、メバル竿でもスズキとのやりとりに十分耐えられるし、柔軟さゆえに引きを楽しめることもわかった。スズキ専用の竿はたいてい腰のある短竿だが、短い竿で釣るのがもったいないような気がした。

スズキの旬は夏。それまでに何度か釣行して旬に備えようと思う。

« コンパニオンを釣ったら | トップページ | 外房のヤリイカ(04年4月10日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23163/394397

この記事へのトラックバック一覧です: 東京湾のエビスズキ(4月4日):

» エビスズキ!行きたいなぁ!! [あんぐらぁ徒然]
『釣りたい魚は数あれど』のオーナーさんが、エビスズキに行かれたようです。 スズキ [続きを読む]

受信: 2004.04.06 11:55

« コンパニオンを釣ったら | トップページ | 外房のヤリイカ(04年4月10日) »