トップページ | コンパニオンを釣ったら »

2004.03.14

東京湾のエビメバル

開花予想では、東京の桜の開花は全国で一番早くて来週だという。そんなぽかぽか陽気の東京湾にメバルを狙って繰り出した。

釣友と二人、船橋の内木丸に集合時間の6時半ぎりぎりに到着し、そそくさと身支度を調えて乗り込んだ。船にはすでに10人ほどの釣り客がスタンバッていて、私たちが空いているトモに座席を決めるとすぐに出発した。目指す最初のポイントは川崎沖のバースだ。

kawasaki.jpg


期待でわくわくしながらはじめのポイントに仕掛けを落とす。水深約25mでオモリが着底。底を数センチ切るか切らないかというすれすれにキープしながらアタリを待つ。しかし、ここではアタリなし。船はバース周りをあちこち移動しながらメバルのポイントを探るが、船中数匹あがるだけだ。釣友の竿の穂先がぐんと海中に引き込まれ、メバルらしきアタリをとらえたが、根掛かりであえなくばらしてしまった。バースから出る配管に引っかかったようだ。

潮が動かないためか、このあともほとんど釣れず、船は30分ほどで最初のポイントをあきらめて本牧ふ頭を目指した。本牧ふ頭では防波堤前のポイントで少しずつ移動させながら広い範囲を攻めた。ここはメバルよりもカサゴがよく釣れる。船ではカサゴ用にサバの切り身かキビナゴのどちらかを選べるようにして配っていた。私はサバを選び一番下の針にちょんがけしてカサゴを狙った。このポイントはけっこう根がきつい場所があり、根掛かりに注意しながら底を探っていく。ガツガツと竿を揺するようなアタリがありゆっくり巻き上げると25cmの良型カサゴがあがってきた。本日最初の一尾を手にしてほっとした。

honmoku.JPG

気がつくと内木丸以外にも東京湾でメバルを狙う船が集まってきている。潮の状態から、この時間帯は本牧沖が釣れると判断したのだろう。内木丸でもカサゴ中心にぽつぽつあがっていた。本牧沖のポイントは防波堤の表と裏のどちらでも釣れるので、潮が早すぎた時の潮待ちに向いているのかもしれない。私の予想では、ここでしばらく潮待ちして、下げ潮がゆるんだ頃大型のメバルが出るポイントに移動するのではと思っていた。

ところが昼前から南風が強くなりだしてきて、あれよあれよと思う間に沖の方では白波が立ちはじめた。これで本牧からの移動がなくなり、大型メバルもアウト。ちょっと心残りな釣行になった。しかし、天気予報では一日凪で風も穏やかなはずだったのに、いつもながらアテにならないことがよくわかった。

本日の釣果:カサゴ 18~25cm    5尾
        メバル リリースサイズ 10尾

トップページ | コンパニオンを釣ったら »

コメント

BUNさん こんばんは~!

早速のコメントありがとうございます。先週に続いて2匹目のドジョウを狙ったんですが撃沈でした(^_^;)。

上の写真が川崎のシーバースで下が本牧ふ頭です。シーバースはいかにもメバルがいそうな雰囲気がむんむんしていましたが、残念ながらアタリすらありませんでした。潮が効いてなかったのが原因だと思います。

本牧ふ頭は巨大コンテナやコンテナ船のすぐそばで釣ります。神戸港の埠頭もこんな感じではないかと思います。海の色も同じようなもんでしょう(^_^;)。

前回の明石は出船できず残念でしたね。次回のエサははイカナゴですね。メバルも旨くなっている頃でしょう。ご検討を祈ってます。天気大王にも祈ってます。

投稿: ひじき | 2004.03.14 19:16

ひじきさん、まいど~! BUNです。
そちらのメバル釣りも楽しそうですね。写真にある埠頭は「本牧埠頭」ですか? なんか、ゴムボートを出して釣ってるような雰囲気ですね(^^; で、ガシラ(カサゴ)はケッコウな型が釣れたのに、メバルは全部リリース?(^^; それはちょっちばかし心残りな釣りになりましたね(^^; 次回には是非リベンジを! BUN

投稿: BUN | 2004.03.14 19:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京湾のエビメバル:

トップページ | コンパニオンを釣ったら »